闘いは、内部から起きることが一番怖い。

此れは昨年の今頃学んだ事です。

そして自分にとっての底から上がり始めた時の七月の二十日にこのblogを立ち上げました。

そして一年今年の七月には、やっとお山に結果を見せれる所に、どうにか辿り着く気配ですがまだまだ、座りが悪いピラミッドです。

油断は禁物です。

十二本のベクトルその設置点二十四個の中心に、いなくてはです。

さて今日は大好きな本気のシャーマン、織田光雄兄貴こと、シャーマンアダーについて語りたいと思います。

最近の彼のスピードスイッチの入りかたは、異常なほどのスピードです。

僕は泉郷に来て、御所山にスイッチを入れられました。

新しい神話を待っていると!

今までの彼を見守ってきた、暖かい方々は、本当に心配なさっています。

僕は、今回こそは壊れずに、彼を高みにあげてあげたいのです。

今の世界には絶対必要な本物のシャーマンです。

それ故に、シャーマンとして住める《場》にこそ彼は居なくてはなりません。

今回無事越えて、その場に運んであげたい。

織田光雄兄貴にしかできないミッションを完成させてあげたい。

僕がここまでやって来た、伏流水で、世界を変えるも、本当に無謀なチャレンジです。

けれども、国のお金やスポンサーに頼って、コミュニテイーを立ち上げたり、お祭りを開催するはもう違うと思うのです。

今急速に其々の志が本当に終結して、零から有を生み出す新しい錬金術を、せっかくなら実践して見せて行かなくてはなりません。

一昨年までの僕は、お祭りをして人を集め、その方々の志に火をつけて、伏流水のプロジェクトを完成させようと、むしのよいプランでした。


今回の祭りの資金は僕のプランで生み出し、それを僕が汗かき肉体使って一万人に水を届けようと言い出した僕の心意気を織田光雄兄貴は、理解されています。

それで、五千万かけて、このマヤ暦の次に来る銀河太陽暦のスタートを切るお祭りを開催しようと、豪語してくれています。

この様々が限界に来て先行きが見えない時に、無から有を生み出すロールモデルのためなら、当日も水汲みで忙しくて、お祭りの会場に行けなかったとしても、僕はやらなくてはならない、使命を感じています。

伏流水での今回の半分の資金をお祭り開催に差し出し、馬上さんがおっしゃるフォリービジネスを生み出し、その半分を実際のお山と水のトラストにと、ただただご理解のありそうな所に出向いて、急速に繋がって、本気でそして丁寧に愛を持って伝え、どうにか後三ヶ月という時間でなし得ようとしています。

今本気で動いて真摯に精一杯行動するなら、加速している宇宙の膨脹と同じスピードにのって、きっと上がいるのなら、宇宙銀行を開いてくれるはずと信じています。

もうただやりっぱなしで世界が変わらないお祭りにも、マスターベーションのコミューンにも、箱もの創って人集めるコミューンを目指す資本主義系列も、僕は魅力を感じていません。

散々機械で水を引っ張り出して、後から慌てて植林するのと何ら変わりがない。

縄文以前の思考は、きっとインデイアンの、《七年先を見て今日を生きる》で代表されるようにやりっぱなしのイベントも、箱もの作ってゴルフ会員券を売って資金を産み出してコミューンづくりもなかったから、成り立って来たのでしょう。

例えばブナは七年分水を吸い上げているので、伐採しても七年は水は枯れません。

同じことが原発でもおきている。

今しか見ないで今の資金を動かす、グローバル資本主義も同じことです。

結果今回、例えば一万人を目指したとしても二千人の賛同者で終わったとしても、一千万をお祭りにかけれます。

そしてその残りの半分が山に返してあげれる人達の活動に充当する、贈与経済を何としても実現させてみたいのです。

織田光雄兄貴を見守って来られた方々は、とっても彼が壊れないか心配をなさっております。

今のところ千名の賛同者でなら、十分の一の一千万の半分五百万での祭りをすると、兄貴は心得ております。

ただ目標を最初から低くすると、宇宙の膨脹率と合わない。

だからこそ志は高いところにベクトルを伸ばしています。

今回関わられている方々は、其々に違う方向にベクトルを伸ばされております。

ですから二点だけ見るなら、それは合わないになって、対立を生みます。

だから水を扱っている僕が中心で其々のベクトルが均等に延びていっているかをしっかりと把握していなくては、織田さんもこの祭りも、蓮尾兄貴のジョウフクさんの徐霊も、お山も壊れてしまいます。

ベクトル平衡体で言えば、十二本のベクトルが同じ膨脹率になっているのかを、中心で如何に判断して、把握して、だからこそ生まれるトーラスエネルギーをものにしなくてはならないのでしょう。

お祭りというものを生み出す伏流水というベクトル平衡体の中心、今動いてくれている企業との関係から生まれるお山と水のトラストというベクトル、今後出逢わせて頂いている新しいツールでの伏流水から生まれるコミュニテイー活動での伏流水の中心、其々が別個に一万人の会員を目標にしていなくては、結局何処かの動いたベクトルにのかって作り出すお祭りや、コミュニテイーでは、必ず揉め事が生まれて、エネルギーは、終焉していくでしょう。

動けば動くほど、出逢えば出逢うほどに、僕の伏流水のミッションは、その果てしない大きなミッションになりはじめていますが、ベクトル平衡体で、其々の完全バランスを観る力を天から与えられたことで、どうにか見失わないで、今を中心から把握できています。

僕が見失ったときに、織田光雄兄貴を又、ぼくが病に戻してしまう。

今回関わっている方々は本当に飛んでいますが、どうにかミッションを見失わないで、たどり着けるように見守ってください。御所山の獅子神さま。

そして淡路島の岩神様もどうかお守りください。


お祭りを直起動させる織田光雄兄貴とか、コミュニテイー作りを直に動かす馬上さんとか、ジョウフクの徐霊を直に動かす蓮尾兄貴とか、お祭りの現地設置を直に動かす玄さん兄貴とか、那須で舵をとられるカッチャンや小林さんとか、この部落で水を守ってきたお爺ちゃん方のベクトルとか、全て関わっている方々が如何に自分のミッションを遂行しやすくしていくようなマネジメントという実際に動かす位置ではない、今回の始めての中心業務が、僕とっての大きなミッションであることがわかってきました。

結果とっても危険な水を、僕に与えられているのだと思えるのです。

中心である僕が、全てを活かした上でどちらにも引っ張られないで、中心を保つこと。

誰にも腹をたてずに、すべては、僕が起こしていることと、自分に言い聞かせていくこと。

そうこの前のカタカナの言霊ワークでの事が、ここでも活かされます。

そこに道を創ってくれた川本御姉様にも、本当に感謝です。

ヨイコト。
コレカラ、
ハナスコトハ、
スベテ、
ジブンニ、
ムカッテ、
イエ。
1234567。

そして、最近兄貴と知り合った僕に、織田光雄兄貴の情報をくれて、今回こそ彼が高みに向かえるようにサポートしてくれている、チイーチャンや中戸川さん、大崎さんetc皆さんにも本当に感謝です。

そして織田さんの側でサポートしてくれている西さんにも感謝です。

僕にとってのひとつの中心をなしてくれている景子に、そしてもうひとつの中心をなしてくれている山ちゃんに、そしてもうひとつの中心を与えてくれている子供たちに、帰るたびに暖かく迎えてくれる、大滝ドライブインのオカミサン、関山そばの旦那とオカミサンにそして犬たち猫たちに、野性動物に、木々に、お山に全てに感謝です。





Android携帯からの投稿