「ふははは…おろかな地球人どもよ!我が前に跪くのだ!」とか何とか。
必ずといっていいほど「地球のっとり」をたくらむ人はこういう台詞を言うよね。
片手になんか怪しい液体の入ったグラス持ちながら。

そんな気分になれるのが「Google Earth」というソフト。
Googleが提供しているサービスのひとつだ。
一度使ってみると面白くてなかなか飽きない。
ただぼんやりと見ているだけでも楽しいのだ。

見たい場所の名前を検索してその場所の衛星写真を表示する。
ズームイン・アウトも自由自在。
ズームしていくと自動的に写真の解像度が上がっていく。
表示される衛星写真はものすごく鮮明だ。

そんなもんだから秘密にしなきゃいけない施設なんかも見えちまうわけで。
一部の場所にはモザイクがかけられてるんだとさ。

また場所によっては写真が無いのか解像度が高くならなかったりする場所も。
今すんでいるところの写真は見ることができたんだけど、
実家がある場所のはなんだか妙な表示具合になってしまう。
あと、結構メモリーの消費が激しい。
ズームイン・アウトを繰り返すとあら不思議、300MB位使っている。
最低でも512MB位あったほうが快適に動かせると思う。

http://ja.wikipedia.org/wiki/Google_Earth#
(ウィキペディア)
ここにいろいろ解説が書かれてます。

で、さっきからピラミッドとかナスカの地上絵とか探しているのですが
なかなか見つけ出すことができません。
これ見つけ出すのには少々コツが必要かもしれないなぁ。