1週間ほど里帰りしていたお姉ちゃんたちが、東京へ帰るので駅までお見送り。
愛子さまも東京へ帰るようだったので、通行規制がかからないうちに早めにでかけました。
甥っ子が友達へのお土産を選んでいるときに、私にもぷちみやげをプレゼントしてくれました。恋愛運のお守りだそうです。かわいい!どうもありがとう!
ここ数日お姉ちゃんと英会話の話をしていたら、駅から帰るときに、英会話で同じクラスだったカップルに行き会ってびっくり!
ひさびさに話ができてよかったです。
f:id:takatiho:20100808141249j:image:w150
夜は名古屋と東京から遊びに来た友達とバーベキュー。
明日はもう一組合流します!

高校生の頃、ヤローばかりの軽音部に「遠目にみると可愛い」レベルの小動物系な1年生女子がひとり入って、私服校なのをいいことに幼稚園児コスで学校きたりして先輩たちに猫可愛がりされてた。いま思えばあれがいわゆる「オタサーの姫」というやつか。

今年はホウレンソウをはじめてみようかと、
思いました。この雑誌読んで。

BRUTUS (ブルータス) 2009年 2/15号 [雑誌]

BRUTUS (ブルータス) 2009年 2/15号 [雑誌]

  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2009/02/02
  • メディア: 雑誌
  • クリック: 5回
  • この商品を含むブログ (26件) を見る

 

 用意するもの

 

f:id:SHINKICHI:20161006112614j:plain

まずご用意するのはこちら。

  • グリップカッター
  • 両面テープ
  • 溶液

3種の神器です。これさえあれば何もいりません。

 

グリップを切っていく

f:id:SHINKICHI:20161006112624j:plain

 

まずはグリップを切っていきます。

 

 

f:id:SHINKICHI:20161006112629j:plain

 

 ※注意

 

カッターの刃は縦に入れないようにしてください。

上記の画像のように横に入れて、ある程度切れてから刃を縦に。

 

そうしないとシャフトが傷ついてしまうこともあります。

 

両面テープをはがしていく

 

f:id:SHINKICHI:20161006112636j:plain

 グリップを切った後は両面テープがについたままになると思うのではがしていきます。

その時に役に立つのがこちら。

 

 

 

f:id:SHINKICHI:20161006113057j:plain

 

引用:http://kakaku.com/item/J0000016906/images/

 

ドライヤーです。

ドライヤーを用いてテープがついている部分を温めます。

 

驚くほどつるんととれるのでテープがはがしにくいときは試してみてください。

 

テーラーメイドの両面テープはなかなかのつわものなのでドライヤーは必須アイテムでしょう。

 

 

 新しい両面テープを貼っていく

f:id:SHINKICHI:20161006112641j:plain

 

 さて、まずはどのあたりまで両面テープを貼っていくか決めるために交換するグリップを並べてテープを貼り始める位置を決定します。

 

 

f:id:SHINKICHI:20161006112652j:plain

 

 位置が決まったらテープをこのように斜めにカットして貼っていきます。

 

 

f:id:SHINKICHI:20161006112701j:plain

 

 このようにらせん状にくるくると巻いていきます。

 

 

f:id:SHINKICHI:20161006112706j:plain

 

 ここで注意することはシャフトの末端をテープで塞ぐことです。

ここをふさがないと溶液、水がシャフト内部に入り込んでしまい、故障の原因となるのでここはしっかりと塞ぎましょう。

 

シャフトを挿していく

 

ここは勢いです。

 

画像が用意できなかかったので箇条書きで作業工程を記していきます。

  1. シャフトに巻いた両面テープに溶液を振りかける。(溶液が滴るくらい)
  2. シャフト内部へ全体にいきわたるように溶液を振りかける。
  3. 勢いよく挿す

 

f:id:SHINKICHI:20161006112715j:plain

 

はい。完成です。

 

途中の画像を用意できなくてすみません

 

 

今回の記事において謝りたいこと

  • 生活感丸出しの部屋で撮った写真を画像として使用したこと。
  • グリップ挿入の肝心な部分の画像を用意することができなかったこと

 

この二点に尽きます。

 

コツは溶液で両面テープ、シャフト内部をこれでもかってくらいビシャビシャにして

勢いよく挿すことです。

 

ありがとうございました。

今日は3連休の最終日。レムチャバンに行ってきた。指名キャディはなんでもバイク事故にあったとかで来ていなかった。 全治1ヶ月らしい。怪我は大丈夫だろうか。。。。

これから雨季なので、バイクには危険な季節になる。

ラウンドの方はあいかわらず。後半、淡々と盛り返したのが唯一の救いか。常にこのようにありたいのだが、精神力の弱さか、なかなか平然とはしていられない。A-6で左にひっかけて池ポチャをしてから、回復するのに数ホールを費やしてしまった。

IMG_0130.jpg

ところで、一時帰国していた家族が帰ってきた。犬と二人暮しだったのだが、これでアパートが賑やかになった。

天然酵母のパン屋さん「ういーと」 。
ユニクロ富水店のすぐ近くにあります。
f:id:yummy21:20111008102344j:image:w400

クリームパン 178円。
ほろ苦クリームパン 189円。
パンはふっくらしていて、中のクリームにはバニラビーンズが入っていて、手作りのおいしいクリーム。
手作りフィリングと看板にあるだけあって、このクリームパンおいしかったです。
ほろ苦の方はこのクリームにココア?が入っていました。
f:id:yummy21:20111008133828j:image:w400
玄米パン 半斤 399円。
後でレシートを見てびっくり。このパン、我が家の家計からするとなかなかお値段が高い。
ところがトーストして食べてみたら、パン全体がカリっと焼け、歯ごたえもサックサク!! このサクサク感、おいしいなあ☆
やっぱりこの値段だけのことはあるんだなあと思いました。おいしかったです。
f:id:yummy21:20111008114008j:image:w400

ういーと

食べログういーと

  • ジャンル:パン
  • 住所: 小田原市新屋143-11
  • このお店を含むブログ (1件) を見る
  • (写真提供:香草)

金曜日、30人くらいの人に30分程度のミニミニ講演会。人前で話すというのがいつまでたっても慣れない。いつもならお断りしているが、お世話になっている方からの依頼であり断れない。まぁ、話し始めてしまえば自分の世界、ペース。よくも持ち時間きっちり使って、話しきれるものだと自分で自分に感心してしまった。

この1週間、講演のことも少し考えたが、それほど気合も入らず、仕事の合間にトイレに行く度に結局、ゴルフのことを考えていたりした。(苦笑)ショットを不安定にするシャフトクロスを避けるため、数ラウンド前から

  • 右膝をトップで伸ばさない。アドレス時の膝の曲げをできるだけ我慢する。

ということをやっていたが、どうも物足りない。フェードの曲がりも大きい。左手がトップ時に甲側に折れ曲がっているのが気になっていたので

  • アドレス時の左手甲と手首の角度を出来る限り維持する。(親指と手首の角度は正しいコックの方向。あくまでも甲と手首の角度)
  • 切り返しで手に力が入るとどうしても手首が甲側にグイと折れてしまうので、切り返しで力を抜いたままに腕を少し真下に落とすようにする。
  • 結果、切り返しは、全く腕でできないので左足の踏み込みで必ず行う。

 等と考えていたら、夢中になってしまい、土曜日のラウンドでぶっつけで試さざるを得なくなった。(笑)

 1番ホール、1球目でいきなりできてしまい、おぉこれは!と思ったが、その後、軸がぶれたり、左足切り返しを忘れたりして、フェースローテーションが上手くいかず、開いたままあたったドスライスのミスも多く出た。腕を脱力するということは、フェースローテーションは軸が生命線。切り返した後は軸を崩さないようにしなければならない。全体としてできた確率は半分くらい。上手く出来た時は、飛距離は同じくらいで曲がりが抑えられたストレートフェードが出ていた。連れが余興でビデオを撮ってくれたが、シャフトのクロスはあまり気にならない程度に抑えられていた。明日の練習で定着を図る。

ラウンドは、試しながらのラウンドで、ショットがバラけて、まとめに苦労した。前半、4ダボで、40台後半。今回は90台前半でもやむなしと思ったが、後半、要所でパットにグリップが効き始め、パー、ボギーを取れるようになる。長いパー3でバーディも決まり、40台前半。何とか80台後半、いつものあたりのスコアとなった。スイングが定着すれば、徐々にショットは安定しそうな予感。。。

 

だって・・・・

 風邪ひいた・・・・

げほげほげほおおおおお おえっ

咳込みすぎてえずくわ

 

「熱ない?」

とーちゃんに聞いたら、見も触りもせず

「大丈夫。」

やて。

あんたは超能力者かっ!!!

 

この季節のマスクは、暑い・・・・・

昨日はお天気が良かったので、山中湖と御殿場へドライブへ行きました。山中湖については後日書くとして、御殿場で立ち寄った「とらや工房」とっても気に入ったので、そちらから。

とらや工房は和菓子で有名な虎屋のグループ会社が運営する甘味処です。
東名高速の御殿場ICから車で5分ほどのところにあり東山旧岸邸と同じ敷地内にあります。もちろん駐車場完備です。
ちなみに、御殿場には虎屋茶寮 御殿場店と、こちらのとらや工房の2店舗あるようなので、お間違いなきよう。

山門です。ここから入ります。緑が多くて本当に気持ちいい。
f:id:yummy21:20111029135236j:image:w400
入るとすぐ右手に竹林があります。
f:id:yummy21:20111029135301j:image:w400
見えてきました、とらや工房。前に池が。
f:id:yummy21:20111029135532j:image:w400
とらや工房の建築は内藤廣氏によるものです。曲線がなんとも素敵です。
f:id:yummy21:20111029142414j:image:w400
和菓子も販売しています。
f:id:yummy21:20111029135902j:image:w400
テラス席や暖房の効いた室内席もあります。我々は室内へ。
外の緑を見ながら、静かにゆったりとした時間が過ごせます。
f:id:yummy21:20111029140056j:image:w400
ツレはあんみつ 850円。 煎茶が付きます。煎茶はおかわりができます。
メニューの品数は少なく、3つか4つだったかと思います。
他にところてん、軽食などがあり、すべて煎茶が付いてきます。珈琲、紅茶などはありません。
f:id:yummy21:20111029140510j:image:w400
私はお汁粉 850円。
焼いたおもちが香ばしく、お汁粉おいしい♪
f:id:yummy21:20111029140314j:image:w400
お茶した後、敷地内を散策すると長〜いへびがいました。東山旧岸邸には今回は入館しませんでした。
そして、、東山旧岸邸ととらや工房のご案内を手にとって見ると、何と私が好きな漫画「きょうの猫村さん」で有名なほしよりこさんが書いていたのです。
f:id:yummy21:20111029190256j:image:w400

きょうの猫村さん 1

きょうの猫村さん 1

  • 作者: ほしよりこ
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2005/07/14
  • メディア: コミック
  • 購入: 8人 クリック: 1,548回
  • この商品を含むブログ (916件) を見る
全体的な淡い色使いがきれいで、タッチがソフトなのです。猫村さんはゆる〜い漫画で大好きなのですが、この案内もとっても素敵です。
f:id:yummy21:20111029140449j:image:w400

とらや工房、本当に素敵なところでした♪

とらや工房

食べログとらや工房

  • ジャンル:和菓子
  • 住所: 御殿場市東山1022-1
  • このお店を含むブログ (3件) を見る
  • (写真提供:forever friends)

闘いは、内部から起きることが一番怖い。

此れは昨年の今頃学んだ事です。

そして自分にとっての底から上がり始めた時の七月の二十日にこのblogを立ち上げました。

そして一年今年の七月には、やっとお山に結果を見せれる所に、どうにか辿り着く気配ですがまだまだ、座りが悪いピラミッドです。

油断は禁物です。

十二本のベクトルその設置点二十四個の中心に、いなくてはです。

さて今日は大好きな本気のシャーマン、織田光雄兄貴こと、シャーマンアダーについて語りたいと思います。

最近の彼のスピードスイッチの入りかたは、異常なほどのスピードです。

僕は泉郷に来て、御所山にスイッチを入れられました。

新しい神話を待っていると!

今までの彼を見守ってきた、暖かい方々は、本当に心配なさっています。

僕は、今回こそは壊れずに、彼を高みにあげてあげたいのです。

今の世界には絶対必要な本物のシャーマンです。

それ故に、シャーマンとして住める《場》にこそ彼は居なくてはなりません。

今回無事越えて、その場に運んであげたい。

織田光雄兄貴にしかできないミッションを完成させてあげたい。

僕がここまでやって来た、伏流水で、世界を変えるも、本当に無謀なチャレンジです。

けれども、国のお金やスポンサーに頼って、コミュニテイーを立ち上げたり、お祭りを開催するはもう違うと思うのです。

今急速に其々の志が本当に終結して、零から有を生み出す新しい錬金術を、せっかくなら実践して見せて行かなくてはなりません。

一昨年までの僕は、お祭りをして人を集め、その方々の志に火をつけて、伏流水のプロジェクトを完成させようと、むしのよいプランでした。


今回の祭りの資金は僕のプランで生み出し、それを僕が汗かき肉体使って一万人に水を届けようと言い出した僕の心意気を織田光雄兄貴は、理解されています。

それで、五千万かけて、このマヤ暦の次に来る銀河太陽暦のスタートを切るお祭りを開催しようと、豪語してくれています。

この様々が限界に来て先行きが見えない時に、無から有を生み出すロールモデルのためなら、当日も水汲みで忙しくて、お祭りの会場に行けなかったとしても、僕はやらなくてはならない、使命を感じています。

伏流水での今回の半分の資金をお祭り開催に差し出し、馬上さんがおっしゃるフォリービジネスを生み出し、その半分を実際のお山と水のトラストにと、ただただご理解のありそうな所に出向いて、急速に繋がって、本気でそして丁寧に愛を持って伝え、どうにか後三ヶ月という時間でなし得ようとしています。

今本気で動いて真摯に精一杯行動するなら、加速している宇宙の膨脹と同じスピードにのって、きっと上がいるのなら、宇宙銀行を開いてくれるはずと信じています。

もうただやりっぱなしで世界が変わらないお祭りにも、マスターベーションのコミューンにも、箱もの創って人集めるコミューンを目指す資本主義系列も、僕は魅力を感じていません。

散々機械で水を引っ張り出して、後から慌てて植林するのと何ら変わりがない。

縄文以前の思考は、きっとインデイアンの、《七年先を見て今日を生きる》で代表されるようにやりっぱなしのイベントも、箱もの作ってゴルフ会員券を売って資金を産み出してコミューンづくりもなかったから、成り立って来たのでしょう。

例えばブナは七年分水を吸い上げているので、伐採しても七年は水は枯れません。

同じことが原発でもおきている。

今しか見ないで今の資金を動かす、グローバル資本主義も同じことです。

結果今回、例えば一万人を目指したとしても二千人の賛同者で終わったとしても、一千万をお祭りにかけれます。

そしてその残りの半分が山に返してあげれる人達の活動に充当する、贈与経済を何としても実現させてみたいのです。

織田光雄兄貴を見守って来られた方々は、とっても彼が壊れないか心配をなさっております。

今のところ千名の賛同者でなら、十分の一の一千万の半分五百万での祭りをすると、兄貴は心得ております。

ただ目標を最初から低くすると、宇宙の膨脹率と合わない。

だからこそ志は高いところにベクトルを伸ばしています。

今回関わられている方々は、其々に違う方向にベクトルを伸ばされております。

ですから二点だけ見るなら、それは合わないになって、対立を生みます。

だから水を扱っている僕が中心で其々のベクトルが均等に延びていっているかをしっかりと把握していなくては、織田さんもこの祭りも、蓮尾兄貴のジョウフクさんの徐霊も、お山も壊れてしまいます。

ベクトル平衡体で言えば、十二本のベクトルが同じ膨脹率になっているのかを、中心で如何に判断して、把握して、だからこそ生まれるトーラスエネルギーをものにしなくてはならないのでしょう。

お祭りというものを生み出す伏流水というベクトル平衡体の中心、今動いてくれている企業との関係から生まれるお山と水のトラストというベクトル、今後出逢わせて頂いている新しいツールでの伏流水から生まれるコミュニテイー活動での伏流水の中心、其々が別個に一万人の会員を目標にしていなくては、結局何処かの動いたベクトルにのかって作り出すお祭りや、コミュニテイーでは、必ず揉め事が生まれて、エネルギーは、終焉していくでしょう。

動けば動くほど、出逢えば出逢うほどに、僕の伏流水のミッションは、その果てしない大きなミッションになりはじめていますが、ベクトル平衡体で、其々の完全バランスを観る力を天から与えられたことで、どうにか見失わないで、今を中心から把握できています。

僕が見失ったときに、織田光雄兄貴を又、ぼくが病に戻してしまう。

今回関わっている方々は本当に飛んでいますが、どうにかミッションを見失わないで、たどり着けるように見守ってください。御所山の獅子神さま。

そして淡路島の岩神様もどうかお守りください。


お祭りを直起動させる織田光雄兄貴とか、コミュニテイー作りを直に動かす馬上さんとか、ジョウフクの徐霊を直に動かす蓮尾兄貴とか、お祭りの現地設置を直に動かす玄さん兄貴とか、那須で舵をとられるカッチャンや小林さんとか、この部落で水を守ってきたお爺ちゃん方のベクトルとか、全て関わっている方々が如何に自分のミッションを遂行しやすくしていくようなマネジメントという実際に動かす位置ではない、今回の始めての中心業務が、僕とっての大きなミッションであることがわかってきました。

結果とっても危険な水を、僕に与えられているのだと思えるのです。

中心である僕が、全てを活かした上でどちらにも引っ張られないで、中心を保つこと。

誰にも腹をたてずに、すべては、僕が起こしていることと、自分に言い聞かせていくこと。

そうこの前のカタカナの言霊ワークでの事が、ここでも活かされます。

そこに道を創ってくれた川本御姉様にも、本当に感謝です。

ヨイコト。
コレカラ、
ハナスコトハ、
スベテ、
ジブンニ、
ムカッテ、
イエ。
1234567。

そして、最近兄貴と知り合った僕に、織田光雄兄貴の情報をくれて、今回こそ彼が高みに向かえるようにサポートしてくれている、チイーチャンや中戸川さん、大崎さんetc皆さんにも本当に感謝です。

そして織田さんの側でサポートしてくれている西さんにも感謝です。

僕にとってのひとつの中心をなしてくれている景子に、そしてもうひとつの中心をなしてくれている山ちゃんに、そしてもうひとつの中心を与えてくれている子供たちに、帰るたびに暖かく迎えてくれる、大滝ドライブインのオカミサン、関山そばの旦那とオカミサンにそして犬たち猫たちに、野性動物に、木々に、お山に全てに感謝です。





Android携帯からの投稿